買取と仲介の違いって?

 

小牧市の㈱国保住建 小久保です。
本日は不動産買取と仲介の違いについて書きたいと思います!
一般的に皆さんが認識している不動産会社は仲介業である事が多いと思います。
仲介業の仕事とは、例えばAさんがご自分の所有している土地を売却したいと不動産屋に依頼をします。
不動産会社は、その売却土地をインターネットや広告等で営業活動を行い買主さんを探します。
そして購入希望者のBさんを見つけて、BさんにAさん所有の土地の売却条件やデメリット等(あればですが・・)
を伝えて納得できたら売買契約をして、その後、所有権移転という流れになります。
所有権移転時に報酬として仲介手数料をAさん、Bさんから頂くのが仲介業です。
そして買取とは、Aさんの売却土地を不動産会社が直接購入します。
この状態だと仲介している人も会社もいませんので仲介手数料が発生しないのです!
ただ、買取も仲介も物件や状況によってメリット・デメリットが両方にありますので、信用できる不動産会社に
相談するのが手っ取り早いですが・・・信用できる不動産会社って分かりずらいですよねww
私たちも皆さんに信頼・安心・幸せをお届けできて、選ばれる不動産会社を目指し日々精進しています!
今後も不動産取引の一般的なお話しから取引中に起きた珍事件等を書いていこうと思いますので、お時間がある
時に見てもらえると嬉しいです(^▽^)

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせはこちらから
PAGE TOP