離婚による不動産売却の注意点とは?家を売った方が良い理由についても解説します!

 

離婚時の不動産売却をお考えの方で、不動産売却を行う際の注意点について知らない方も多いのではないでしょうか。

売却を行う前に是非知っておきたいですよね。

今回は、離婚による不動産売却の注意点と、離婚するときに不動産売却をした方が良い理由について紹介します。

是非参考にしてみてください。

□離婚による不動産売却の注意点とは?

離婚による不動産売却を行う際に注意しておきたい点は、主に2つあります。

1つ目は、財産分与のタイミングは離婚後に行うことです。

財産分与は、夫婦で財産を平等に分割することで、売却した金額が2000万円の場合、お互いに1000万円ずつで分割することになります。

離婚後に行う理由として、離婚前に財産を分けると贈与に当たってしまうので贈与税の課税対象になることが挙げられます。

夫名義の家の場合は、代金を受け取った妻に贈与税が発生することになるので気を付けましょう。

2つ目は、住宅ローンは完済が必要なことです。

住宅ローンの返済ができない不動産は売却が行えません。

住宅ローンが残っている場合は、自己資金を使用して完済する必要があり、返済できない場合は家を売却できない可能性があるので注意しましょう。

□離婚するときに不動産売却をした方が良い理由とは?

離婚するときに不動産売却をした方が良い理由は、主に3つあります。

*財産分与の対象になる

持ち家が夫名義であっても、夫婦で築いてきた財産の場合は共有財産になり、財産分与の対象になります。

不動産を売却しないといけませんが、現金化することで資産を分けることが可能です。

*住宅ローンでの繋がりを断てる

離婚を行っても共有名義が解消される訳ではないため、住宅ローンの完済を行うか名義変更しない限り完全に繋がりを断てません。

共有名義の場合は、お互いの同意がないと売却を行えないので、相手と連絡ができなくなる前に済ませておきましょう。

*住宅ローンの名義変更が難しい

夫名義の家の場合に妻が家に住み続ける際は、住宅ローンの名義を妻の名義に変更する必要があります。

しかし、妻の収入が金融機関の基準に満たしていない場合は、名義変更を認めてもらえないので注意しましょう。

□まとめ

離婚による不動産売却の注意点は、財産分与のタイミングは離婚後に行うことと、住宅ローンの完済が必要なことです。

離婚するときに不動産売却をした方が良い理由として、財産分与の対象になり、住宅ローンの繋がりを断てて、住宅ローンの名義変更が難しいことが挙げられます。

当社では、不動産買取に対応しております。

家の売却でお困りの方は、是非当社までご相談ください。

関連記事

アーカイブ

お問い合わせはこちらから
PAGE TOP